キミエホワイトプラス

ロスミンローヤルとキミエホワイトプラスを徹底比較!

 

シミ消し薬の「ロスミンローヤル」と「キミエホワイトプラス」。なるべく早く消したいシミに、本当におすすめと言えるのはどちらの商品でしょうか。このページでは、口コミ・成分・価格・続けやすさ…などの観点から徹底比較してみます!

 

ロスミンローヤルVSキミエホワイトプラス【INDEX】

〜タイトルをクリックすると詳細に飛びます〜

【ロスミンローヤルVSキミエホワイトプラス】成分・効果を徹底比較!

まずは最も気になる2つの成分と効果について比較・検証してみましょう。

 

ロスミンローヤル

キミエホワイトプラス

ビタミンC

180r

500r

Lシステイン

160r

240r

付加成分

9種類の生薬

パントテン酸カルシウム

効果

しみ/そばかす/日焼け/かぶれによる色素沈着/ニキビ/肌荒れ/小じわ/肩こり/腰痛/神経痛/のぼせ/めまい/耳鳴り/冷え性 しみ・そばかす・日焼けなどの色素沈着症/にきび/湿疹/じんましん/かぶれ/くすりまけ/全身倦怠/二日酔

評価

注目すべきは付加成分!

ビタミンCやLシステインの含有量はキミエホワイトプラスが断然多いという結果でした。
さらにキミエホワイトプラスには肌の新陳代謝を良くするパントテン酸カルシウムが新配合され、よりシミ・そばかすへの効果が期待できるようです。

 

一方のロスミンローヤルは9種類もの生薬を含んだ医薬品で、生薬の力で血行を改善するため、血行不良が原因とされる冷え性や肩こり、腰痛の改善効果も見込めます。肌に関しては、しみやそばかすだけではなく小じわにも効果が期待できます。

【ロスミンローヤルVSキミエホワイトプラス】飲みやすさを徹底比較!

効果を実感するためには継続して飲み続けることが大切です。そこで気になるのは飲みやすさですよね。ロスミンローヤルとキミエホワイトプラスはどちらが飲みやすいのか比べてみます。

ロスミンローヤル

キミエホワイトプラス

内容量

270錠(30日分)

93錠(31日分)

用法・用量

3錠×3回

1錠×3回

評価

1回量が少ないのはキミエホワイトプラス

どちらも1日3回の服用に違いはありませんが、ロスミンローヤルは1回3錠の服用に対し、キミエホワイトプラスは飲みやすさを追求し、成分を凝縮することで1回1錠となっています。
錠剤を飲むことに抵抗がない方は特に大きな差はないかもしれませんが、薬を飲むのが苦手という方には1回1錠で済むのは嬉しいですね。

【ロスミンローヤルVSキミエホワイトプラス】価格を徹底比較!

長く続けようと思うと、気になるのはそのお値段。お試し価格や定期コースなどを比較してみましょう。

ロスミンローヤル

キミエホワイトプラス

お試し価格内容量

1,900円30日分

1,900円31日分(送料700円)

定期コース

継続回数

1回目で解約OK

×

 

継続価格

5,800円

4,200円(送料700円)

評価

お試し価格ならロスミンローヤル!

初回購入価格はどちらも1900円となっていますが、ロスミンローヤルは送料無料なのに対し、キミエホワイトプラスは送料が700円かかります。そのため、ロスミンローヤルの方が安く試すことができますね。

 

また、ロスミンローヤルはいつでも解約可能な定期コースもあるため、買い忘れを防いだり、手間なく購入することができますが、キミエホワイトプラスは毎回購入手続きをする必要があります。

【ロスミンローヤルVSキミエホワイトプラス】口コミを徹底比較!

これまで成分や飲みやすさ、価格などを比較してきましたが、やはり気になるのはその効果。実際に使用した方の口コミからその効果について検証してみます。

ロスミンローヤルの口コミ

 

シミも小じわも目立たなくなった/43歳

 

1本飲み終えました。飲む前に比べるとメイクの時に気になっていたシミや小じわが確実に目立たなくなっています。さらに顔だけに限らず、全身、肌の質が変わり、すべすべになりました。


 

冷え性も改善/59歳

 

服用し始めてからは、肌のハリとつやがアップしました。さらに長年悩まされていた冷え性も改善されたので、このお値段でこれだけの効果があるならお得だと思います。さらに医薬品というところも服用時に安心できるのでいいと思います。


 

ニキビに効果あり/32歳

 

購入したきっかけはシミと小じわに効くという点に惹かれたからです。現状ではまだシミは消えてはいませんが、小じわは少しずつ目立たなくなっている気がします。ニキビがなくなったのもこれの効果かなと感じています。


キミエホワイトプラスの口コミ

 

大人ニキビが気にならなくなった/43歳

 

まだ1瓶飲み終えていないので、正直しみやくすみに対する効果は感じていませんが、生理前にできやすかった大人ニキビや吹き出物ができにくくなったり、疲れにくくなった感じはします。しみケアが一番の目的ではありますが、ニキビや疲れ、だるさにも効果があるので飲み続けたいと思います。


 

飲みやすい/46歳

 

1回1錠でいいので楽で、飲みやすいです。しみ・そばかすに対するはっきりした効果は正直まだわかりませんが、手ごたえはあるので今後が楽しみです。


 

朝のだるさ軽減/49歳

 

正直、シミへの効果は他のシミ消し薬と変わりないですが、朝起きた時のだるさは以前より軽減されている気がします。顔色も幾分良くなりました。


肌に対する効果をより実感できるのはロスミンローヤル

2つの口コミを比較した結果、肌の悩み以外の効果としては、ロスミンローヤルでは冷え症などにも効果がみられ、キミエホワイトプラスでは倦怠感などにも効果があるようです。

 

ただ、シミに対してはロスミンローヤルの方が効果を実感したという声が多く聞かれました。
さらにロスミンローヤルは小じわも目立たなくなったという口コミもみられました。

 

2つの口コミを比較した結果、肌の悩みが改善されたという声が多かったのはロスミンローヤルと言えそうです。

【ロスミンローヤルVSキミエホワイトプラス】会社の信用性を徹底比較!

2つの商品はいずれも医薬品です。医薬品ということで、その効果は期待できる分、安心して服用するためには販売会社の信用性も気になるところです。

ロスミンローヤル

キミエホワイトプラス

会社名

株式会社アインファーマシーズ

株式会社富山常備薬グループ

所在地

〒003-0005

北海道札幌市白石区東札幌5条2-4-30

〒930-0085

富山県富山市丸の内1丁目8番17号

どんな会社

調剤薬局やドラッグストアを展開するアイングループ

薬で有名な富山で医薬品や健康食品の通信販売を行っている会社

HP

http://www.ainj.co.jp/

https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/

信用性

信用性はややアインファーマシーズが優勢か?

ロスミンローヤルのアインファーマシーズは調剤薬局1000店舗、ドラッグストアも50店舗展開している会社です。
一方のキミエホワイトプラスの富士常備薬グループはキミエホワイトプラスをはじめ、リョウシンJV錠等の医薬品を薬で有名な富山県で通信販売を行っている会社で、テレビ通販などでも販売されています。

 

今回信用性を調べるにあたって、インターネットで検索すると富士常備薬グループは怪しいという口コミもみられました。ただ、詳しく原因を見てみると不信感の原因はCMのイメージが強く残った結果で、商品自体の効果や評判とは関係ないことが分かりました。

 

【ロスミンローヤルVSキミエホワイトプラス】結局、買うならどっち??

今まで比較してきたすべての点をふまえた上で、結局購入するならどちらがいいのでしょうか?

ロスミンローヤル

キミエホワイトプラス

成分効果

飲みやすさ

価格

口コミ

信用性

総合評価

総合的にはロスミンローヤル

今回様々な視点から2つの商品を比較した結果、飲みやすさや継続価格の面ではキミエホワイトプラスの方が勝っていると言えそうです。

 

しかし、口コミなどからその効果を比較した結果、よりお肌の悩みに対する効果が実感できたという声が多かったのはロスミンローヤルでした。
ロスミンローヤルはシミに効果的なLシステインだけでなく、9種の生薬も含まれているので、それらの相乗効果でよりシミや小じわ等の肌の悩みに対する効果が期待できるようです。